スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

トレイルラン:『照月湖トレイル・フェス2010』

JUGEMテーマ:スポーツ
 
初のトレイルランの大会に参加してきました!
今回参加したのは、第一回開催となる『照月湖トレイル・フェス2010』です。
会社の後輩S君×2と3人での参加。



僕らがエントリーをしたのはビギナーコースで約10kmのコース。



はじめてのトレイルランだったので、勝手がよくわからなかったのですが、川を渡るコースレイアウトは珍しいみたいですね。

大会自体も初開催ということで参加者は全部で200名強と規模も小さめ。
部門によってはゴール=入賞というおいしい大会でもありました。

前日にエントリをして、ゼッケンとか記念品とかを受け取った後、星のやが運営する日帰り入浴施設『トンボの湯』に立ち寄って旅の疲れを癒してから宿へ。



宿に戻って、食事を済ませた後は翌日が早いので早めに就寝・・・したかったんだけど、自分だけ寝付けず、結局日付が変わってしばらくしてから眠りに落ちました。
隣で寝息を立ててスヤスヤと眠る後輩たちを叩き起したい衝動に駆られたのは言うまでもない。

翌朝はサクっと目覚めて、コンビニで買った朝ごはんをいそいそと食べて、会場に向けて出発!
開会式が行われたあとに全員でウォーミングアップの体操をしてから、いよいよスタートです。

スタートはロングコース(約22km)、リレー(5km×3)、ビギナーコースの順で行われたので、僕らは最後のスタート。
参加者の少ないカテゴリだったS君その2は前の方、とりあえず完走すればいい僕は後方からスタートでした。

スタートして、少し走るとすぐに川渡りエリアに近づきます。
靴がぐちゃぐちゃになることなど気にせず、川に入って行くと、海の水とは違って、冷たい水が気持ちイイ!はずだったんだけど、そんなのは最初のうちだけで、往路だけでも5ヵ所くらい川を渡ることになるこのコースでは、川渡り後半では足が冷えすぎて、かなりツライのです。

この後”これ走るとこじゃねぇだろ!”って激坂などが現れるんですが、そこは時間ではなく完走しか目指してない自分は余裕の歩きです。
周りの人も歩いてたしね。

何カ所か折り返しして戻ってくるところで、先行しているS君×2が苦しそうに頑張っているのを横目にのんびりペースの他の参加者と一緒にジョギングペースで走り続けました。
基本的には全く余裕がないのですが、照月湖の周りを走る辺りは、平坦で走りやすく、馬の姿や、湖を見ながら気持よく走ることができました。

10kmを坂道で歩くことも含めて8'00"/kmペースで1時間20分での完走を目指して、結果は1時間19分5秒と測ったように時間内にゴール。
あとで、確認したらどうやら10kmなかったみたい。

その後、ゴールしてたS君その2と合流するも、その1の姿が見当たらない・・・
もしや途中で、まちがってロングコースを走っているのでは?と心配し、姿を探すと無事に発見!
しかし、予想は半分あたっていて、S君その1は照月湖の周りをなぜか2周していた。
普段の生活とあまり変わらない、このほのぼのとしたミスとドン臭さが彼らしいのだが、たぶん本人は悔しかったと思うので、来年またチャレンジすることになるでしょう・

今回は、ロングコースでスズメバチに刺された人が大量発生して、一部の早いペースの人以外は、ビギナーコースで再スタートとしていたそうです。
前日にはコース上に熊も出没したらしく、自然のなかで楽しむことの怖さを改めてしらされました。

とはいえ、初のトレイルランは大きなケガや事故などのトラブルもなく楽しめたので、引き続き距離の短い大会には出ていきたいと思ったのでした。
この大会はベンチマークにしたいので、来年も出る予定。
主催者の皆様、どうか頻繁にコースレイアウトを変えたりしないでください。

楽しかった。

at 11:30, ken5, ランニング

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ランニング始めます

JUGEMテーマ:スポーツ
 
自転車よりもちょっとした時間でできるし、将来的にトライアスロンに挑戦してみたいと思ったのでランニングを始めることにしました。

で、さっそく靴を買いに。
オッシュマンズより硬派な感じがしたので渋谷のart sportsさんに行きました。
で、足の主要なところにマーカーとなるシールを貼って、足のサイズを測定する機械で測定をしてもらったところ、幅が3Eというサイズでちょっと広い中途半端なサイズだそうです。
普通は足の幅が広い人は4Eとかになるらしく、ぴったりな感じの靴が少ないとのこと。

もともとiPhoneでnike+を利用したいと伝えていたので、nikeで探してくれたのがこの靴で、もう一つ比較のためにアシックスの靴を持ってきてくれました。

圧倒的にアシックスの方が履きやすかったんだけど、センサーを靴にすっぽり収めることができるという理由だけで、この靴に決定!
で、色を選ぼうとしたら”このWIDEってモデルは白しかないんです”と・・・。
普通の幅のモデルとかだと自分好みの派手なイエローグリーンのやつとかあったのに(泣)
でも、nike+が前提で自分にあったものを選ぶことが選ぶ条件だったので、コチラを購入。

さらに、店員さんオススメのインソールのsuper feetというのも合わせて購入。
なんでもnikeのインソールだとちょっと柔らかいらしく、自分の足の場合はこれくらい硬い方が良いそうなのです。

ウェアとかは普段トレーニングで使ってるのを遣うつもりだけど、帽子だけ欲しかったので追加で購入しました。

帰宅後、センサーを靴に入れて、ダメ押しでitunes storeでnikeのランニング用のアルバムを購入(今回はIncrease your speedというやつでタイトルもいいけど渋谷のWOMBが協力してるということで即決)しました。

そして、買ったからに走りたくなるのが人の性ってもんで、さっそく近所のしながわ区民公園を走ってきました。
詳細なデータはあまりに恥ずかしいのでここでは書きませんが”オイラやっぱり走るの嫌いだよ〜”と泣きながら走ってきました。
やめるつもりはないですが、いかに自転車が気持ちいいかがよくわかった。
でも、走るのももっと走り込めばいつか気持ちよくなるはずなので、それまでは頑張らねば。

でも、しながわ区民公園やその先の大井ふ頭中央海浜公園などがあるのは意外といい環境なのかもしれないですね。

at 15:38, ken5, ランニング

comments(0), trackbacks(0), pookmark