<< 映画:『チェ 28歳の革命』 | main | 映画:『近距離恋愛』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ライブ:Donavon Frankenreiter@渋谷 O-East』

1月15日、16日と渋谷のO-Eastで行われたDonavon Frankenreiterのライヴを観てきました。

オープニングアクトはDonavonのバックバンドでベースを勤めるMatt Grundyと14日に日本でのデビューアルバムを発表したカナダ在住のHayley salesの2組。
Hayleyは東京のみの出演。

Mattはベーシストらしくとても控えめなステージだけど、歌声はフラットな感じでとても聴きやすかった。この人、とってもいい人で前々回のツアーから全国各地でいろんなところを観に行ってるので、けっこう良くしてくれていて、16日はステージ終了後に楽屋に入れてもらいました。

HayleyはCDやPVと比べるとライヴはとても魅力的なアーティストという印象。
動きとかしぐさとかMCがとにかくカワイイのです。東京しか出演してないけど、会場に来ていた女性はみんな”かわいい〜”と言っていたから、けっこうファンが増えたのでは。
ライブでも最後に演奏していたKeep Drivin'という楽曲はYoutbeでも動画が見られます。
ただ、圧倒的にライヴのほうがいいので、参考までにYoutubeに上げられてる動画をご紹介。


Youtube上のUniversal MusicのオフィシャルページでのKeep Drivin'はこちら

Donavonはもう文句なし。彼もライヴが圧倒的にカッコいい。
今回は、15日に次男のOzzy、16日に長男のHendrixがステージに上がって会場を盛り上げてました。それにしても息子につけてる名前がすごい。Donavonがロック少年で今でもロックが大好きなことがこうしたことからも良くわかりますね。
Hendrixは慣れた感じで、ドラムのCraigの横でドラムをたたいていたのに対して、Ozzyは何が起きてるのかがわからない状態でステージにつれてこられて、キョトンとしてました。途中から、自分gあハーモニカを吹くと会場が盛り上がることに気分を良くして、ニコニコしながらハーモニカを拭いてた姿がめっちゃかわいかった。

DonavonとOzzy
Donavon and Ozzy

ライヴ自体は家族連れで来てるのでちょっと短めのセットでしたが、15日に比べると16日はかなりよかったです。名古屋、福岡も行くのですが、Hayleyがオープニングに出ない分Donavonの時間が長くなることを期待して来週を待ちます。

Pass It Around
Pass It Around
Donavon Frankenreiter

Fablic and Fog
Fablic and Fog
マット・グランディ

Sunseed
Sunseed
Hayley Sales

at 10:40, ken5, 音楽

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 10:40, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://ken5.jugem.jp/trackback/249