<< 書籍:『美丘』 | main | 映画:『噂のアゲメンに恋をした!』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

書籍:『下北サンデーズ』

下北サンデーズ (幻冬舎文庫)
下北サンデーズ
石田 衣良

『美丘』につづいて買っておいたまま放置していた『下北サンデーズ』を一気に読んでみた。こちらもまたドラマ化されていることからもわかるように、映像が浮かびやすい作品に仕上がっています。

ただ、個人的には演劇をテーマにした映像作品はどうもしっくり来ないものが多いのです。
『下北サンデーズ』のドラマを見ていないので、本作品については何もいえないのですが、演劇って独特の空気を持っていて、演じる側と観る側で作品が作られていく感じがするのに対して、テレビは演じる側からの情報だけが飛んでくる感じ。
この違いが、あるがゆえにテレビドラマなどで演じられる劇中劇がどうしても薄っぺらい印象を受けてしまうのです。

小説自体はとっても面白いものなので、オススメです。
演劇を軽く好きというくらいの人が読むといいかもしれません。演劇を愛しちゃってる人には、ちょっと軽すぎる気がするので。

at 11:50, ken5, 書籍

comments(0), trackbacks(2), pookmark

スポンサーサイト

at 11:50, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://ken5.jugem.jp/trackback/264
僕の生きる道, 2009/03/22 6:39 PM

朝から風が強く、予想通り京葉線のダイヤが乱れていました 出かけるつもりでいたけれど、面倒くさくなって 駅前のカフェで本を読むことに決定 出てきてみると、考えることはみんな一緒なのか 普段は混み合わない時間帯にもかかわらず、どこのカフェも満席 よく

ゴッドハンド輝, 2009/04/08 10:40 PM

この「ゴッドハンド輝」、主人公真東輝が仲間・患者達と共に、二人三脚での「最高の医療」を目指し、日々成長していくといったものでドクター系ドラマとして