<< 旅行:『沖縄4日目〜日食〜』 | main | マイケル・ジョーダン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

自転車:『eneloop bike』

 打合せをしている時にちょっと話題になったシロモノ。


SANYO eneloop bike
電動アシスト付自転車として始めてカーボンを採用したスポーツ仕様の自転車らしい。
下り坂や制動時のエネルギーを使って充電もするので、これまでの電動アシスト付自転車に比べて、たぶん電池が長持ちするんだろう。
そして、すごいなぁ・・・と感心したのはそのエネルギーを使って、前輪をモーターで動かそうという発想。車で言えば四輪駆動に当たるわけです。これにより、直進安定性が増すそうです。

なかなか、面白い自転車であることは認めます。

が、

メーカー希望小売価格:627,900円(税込)

って・・・これじゃ買わないでしょう。
もちろん、ちゃんとした自転車は上を見るとキリがなくて、自転車芸人としておなじみの安田大サーカスの団長のキャノンデールだって1,500,000円しますよ。
たしかに、この自転車も技術の推移を集めているんですが、なにかが間違ってる気がする。

そもそも、60万以上も出して自転車を買って、スポーツとして楽しもうって人は、気合が違うので、電動アシストを良しとしないでしょうし、この自転車重量が19.5kgもあるんです。
普通に60万もする自転車を買ったら、今だったらヘーキで6kg台ですよ、たぶん。
アシスト付とは家20kg近くある自転車をこぎ続けるのと、6kgの自転車をこぎ続けるのであれば、絶対後者のほうが楽(なはず)!
しかも、充電切れたら単なる重りにしかならないしね。

メーカーのホームページでは、

電動ハイブリッド自転車においても、「もっと本格的なスポーツタイプ車に乗ってみたい」というお客様のトレンドに応えるべく、このカーボンコンポジットフレームを採用しました。
とのことなんですが、”本格的”にスポーツするなら電動に頼らないでください・・・

ということで、すごくがんばった感じはあるんですが、スポーツとして本気でやってる人にはイマイチだし、軽い気持ちで乗るには高すぎるということで、あまり売れないのではないでしょうか?
こうやって書くとめっちゃ批判的なようですが、SANYOが経営統合するpanasonicは本気で自転車を作っているメーカーでもあるので、うまくバランスをとってエコな移動手段としての自転車ユーザーを増やしてもらいたいです。

at 23:21, ken5, 自転車

comments(0), trackbacks(1), pookmark

スポンサーサイト

at 23:21, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://ken5.jugem.jp/trackback/310
電動アシスト自転車, 2009/08/11 4:31 PM

電動アシスト自転車についての情報です。