<< サイクリング:『ツール・ド・おきなわ チャレンジサイクリング 100km その1』 | main | サイクリング:『ツール・ド・おきなわ チャレンジサイクリング 100km その3』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

サイクリング:『ツール・ド・おきなわ チャレンジサイクリング 100km その2』

 寝不足のまま迎えた本番当日。

軽めの朝食を済ませ、交通規制のかかる前にスタート地点である名護市役所まで自転車を走らせます。
昨年はこの時点で土砂降りで、なかば心が折れてましたが、今年は快適そのものでした。

名護市役所に到着してしばらくすると夜が明けてきれいな朝焼けが広がってました。



その後はスタートまでストレッチなどをして過ごし、スタート前に集合場所で待機。
写真はスタート地点での風景。



タイムを競うレースではないので和やかな雰囲気です。
この後、スタートしオフィシャルの車に誘導されて名護から南下していきます。
今年は地元の大学の自転車競技部の方がペースを作ってくれました。

【名護市役所〜恩納村役場】
今年も最初の休憩所は恩納村役場です。ここまでは先頭の集団で気持ちよく走りました。休憩所では、ANAの方がサポートスタッフとしてお手伝いしていて、ドリンクなどを配ってくれてました。そして、なぜかリゲインがあった。

【恩納村役場〜道の駅嘉手納】
まだまだ体力はあったので、ペースメーカーの大学生より一足先にリスタート。
ここからが、昨年とコースが変わっていて2つ目の休憩所手前で仲泊あたりから長い上りが続きます。ここではまだコンパクトクランクの恩恵にあずかるほどバテてなかったのですが、上りがキライなF氏は早くも遅れてきたので、頂上で休憩しながらF氏の到着を待ち、2番目の休憩所である道の駅嘉手納へ向かいます。
休憩所直前でちょっとキツメの坂があるんですが、まだまだ元気なのでこれをクリアして休憩所到着。



ここでもドリンクや果物をふんだんにいただき元気を回復。ちょっとここまでのペースが全体的に速かったみたいで、このまま行くと次の休憩所でお弁当が間に合わないとのことなので、ちょっとゆっくりしてから出発。

【道の駅嘉手納〜金武町特産品物産センター】
休憩所を出てからしばらくはのんびりとしたペースで走り東海岸に出ます。この後、少しだけアップダウンを繰り返し、休憩所手前で少し眺めの坂が待ってるのですが、坂の長さを読み違えたF氏は何を思ったか、猛烈にアタックしすぐにバテて落ちてきました(笑)

アタック直前の余裕のF氏



走りながら背中越しにとったので、だいぶ端っこになってます。
バテたF氏を無視して休憩所到着。



ここでお昼ご飯です。去年も思ったんだけど、長距離走る人にこれはしんどいだろ!という揚げ物中心のお弁当は何とかしていただきたい。



さすがに11月とはいえ晴れの沖縄は25度以上あり、このあたりから暑さが厳しくなってきます。十分な水分補給とストレッチをした後に出発。

【金武町特産品物産センター〜二見区コミュニティセンター】
ここから先は昨年も走ったコース。西海岸に比べ東海岸は小さなアップダウンが多く、昨年は雨の中泣きそうになって走ってたんですが、今年は気持ちよい天気のなか時折海を見ながら走ったりできたので、意外と快適でした。
この辺から少しずつコンパクトクランクに変更した恩恵を受けるようになります。
と同時にほぼすべての坂道の頂上でF氏を待つ結果に・・・
アップダウンはあったものの、何もトラブルもなく最後の休憩所である二見区コミュニィセンターに到着。
去年は最後にかなりきつめの坂が待ち受けていて、距離が伸びた今年も同じ坂だとキツイなぁ、なんて思っていたら休憩所もコースも変わってました。

最後の休憩所では、かなり多くの果物やゼリーなど摂取しやすく疲労回復に効果のありそうなものがたくさんありました。
さすがに疲れてきてたので、多めに休憩を取り、ゴールに向けて出発。

【二見区コミュニティセンター〜名護市役所】
昨年とコースは変わり坂の斜度は小さくなりましたが、同じ高さを超えなきゃいけないのは変えようがないので、今年は坂の距離があるルートでした。
当然のごとくF氏はちぎれてしまい、頂上まで一人旅。で、頂上で座っていると「パンクですか?」とやさしく声をかけてくれた方に、後方を指差し「友人を待ってます」と答えてしばらくストレッチ。ちなみに、この声をかけてくれた方は女性でマウンテンバイクでかなりの回転数で100kmを走破してました。休憩所での休憩の間にいつも先に出られているようで、毎回走行中に抜くということを繰り返してました。
この坂を上ればあとは、ゴールまでは下るのみということで、この日の最高速を記録して平地に戻って、市役所前まで58号線を走りぬけ、無事ゴール!



【ふれあいパーティー&表彰式】
ツール・ド・おきなわが多くの人を惹きつけるのは初心者から本格的にレースを行う人まで楽しめる多様なコース設定だけではなく、大会後のふれあいパーティーでの時間もあるのだと思います。



スポンサーでもあるオリオンビールさんが無料でビールやソフトドリンクを振舞ってくれて、地元の方が作った料理とおなじみの豚の丸焼きなどを食べて、飲んで、それぞれの検討を称えあって、また来年来ることを誓う、みたいな流れが出来上がっているんだと思います。
F氏の友人もチームで参加していて、来年は一緒にやんばるセンチュリーライド189kmに出ましょう!と誘われました。
この友人K氏はトライアスロンもこなす方なんですが、金曜に沖縄入りしてみんなで飲んで、飲みすぎて二日酔いで189kmを走りきり、翌日には市民50kmのレースに出るというツワモノっぷりを発揮してました・・・

当初は2人しかいないということでちょっと不安でしたが、天候にも恵まれ、大きなトラブルもなく、終わってみれば非常に楽しい時間を過ごすことができました。



ふれあいパーティーの後ホテルに戻って撮ったベランダからの夕焼け。

来年も戻ってこよう。




at 22:10, ken5, 自転車

comments(5), trackbacks(1), pookmark

スポンサーサイト

at 22:10, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
K氏, 2010/09/11 6:19 PM

チャレンジサイクリンがどんなもんかなと検索してたら、どうやら自分のことが書いてあるようでびっくりしました。(^^;;
今年も私はやんばる+50kmです。また、ふれあいパーティーでお会いしましょう。

ken5, 2010/09/13 2:30 PM

おぉ!まさかこんなところで見つかるとは・・・

そういえば、わたくしもトライアスロン始めましたよ。
初レースはスプリントへの挑戦で敢え無くDNFでした。

K氏, 2010/09/24 6:00 PM

トライアスロンを始められたなら是非ロングにも挑戦してください。いつか佐渡でもお会いしましょう!

ken5, 2010/09/28 10:43 AM

スプリントすら完走できないひよっこですから、ロングをやるとなると3年計画くらいです(笑)

おきなわ当日の為に連絡をを交換しておきたいので、コメントからメールが送れるはずなので、一度ご連絡をいただけないでしょうか。

きしもと

ken5, 2010/09/28 10:44 AM

メール反映されないですね。

ken5@yg8.so-net.ne.jp

です。










trackback
url:http://ken5.jugem.jp/trackback/329
自転車エコ生活ー最新自転車情報ー, 2009/11/15 6:47 AM

マウンテンバイクは、自転車をしている人なら一度ぐらいはあこがれる、とても魅力的な自転車です。人気も大変なもので、マウンテンバイク類型車まで存在し、街中で通勤に使う人も多勢います。本来は、名前の由来の通り山岳地帯のような急な坂や段差でも走ることが出来る