<< 映画:『そんな彼なら捨てちゃえば?』 | main | 2010年が始まりました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

映画:『バタフライエフェクト3』

評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 3,035
(2009-12-16)

JUGEMテーマ:映画
 
時間を移動できる能力を持つ主人公という設定のストーリーの三作目。
内容は、
愛する人を救うため、僕は「今」を捨て「過去」に戻る。 全米No.1 『バタフライ・エフェクト』から4年-。 あの衝撃と感動が蘇る!

過去と現在を行き行き来できる特殊な能力を持つ男、サム。 過去に戻って殺人現場を目撃し、警察の捜査に協力することを生業としていたが、彼には妹ジェナと決めたルールがあった。 個人的な理由で過去に戻らないこと、そして過去を変えないこと。

ある日、リズという女性がサムを訪ねてくる。 彼女は、サムの昔の恋人レベッカの姉だった。 10年前にレベッカを殺した真犯人を捕まえてほしいと頼まれたサムは、過去に戻ることを決意する。

かつて愛した女性を救うために・・・・・・。
こんな感じ。

シリーズ物はやはり一作目が一番出来がいいことが多いですね。
この作品の二作目を観たときにもそう感じましたが、三作目は寄りそう感じさせられました。

なんか、ホラー的要素が強くなってきていて、複雑に絡むストーリーにうならされるという感じじゃなくなってるんですよね・・・
そして、最後のオチも”それでいいの?”って感じです。

前二作を観た人は流れで見るのはいいですが、見たことない人は一作目だけで良いと思います。

at 21:30, ken5, 映画

comments(0), trackbacks(1), pookmark

スポンサーサイト

at 21:30, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://ken5.jugem.jp/trackback/345
ケントのたそがれ劇場, 2010/01/10 5:56 PM

★★☆ 第1作目が秀作であったため、いつの間にかシリーズ化されてしまったが、第1作目以外は全く別のコンセプトを感じる。第2作は罵倒され、本作はやや持ち直しとのレヴューが多いが、第2作も第3作もともに期待外れであることに変わりがない。 バタフライ・エフ