<< 2010年が始まりました | main | 映画:『プリズン・ブレイク ファイナルシーズン』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

映画:『ザ・バンク 堕ちた巨像』

評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 1,995
(2009-10-07)

JUGEMテーマ:映画

 違法取引を暴こうとする熱血刑事をクライブ・オーウェンが演じる物語。

世界の富裕層から莫大な資金が集まる、欧州を代表する巨大銀行IBBC。 しかし、その取引には、ある違法行為の疑いが・・・。 ニューヨークの検事局のエレノア・ホイットマンと共同で捜査に乗り出した、インターポール捜査官のルイ・サリンジャー。 ベルリン、リヨン、ルクセンブルク、ミラノ、ニューヨーク、そしてイスタンブールへ。 次々と消されていく証人や証拠に翻弄されながら、彼らの追跡は国境を越えていく。 世界屈指のその銀行の資金は、いったい何処から流れているのか。 核心に近づくたび断ち切られる、真相解明の糸口。 サリンジャーは、強大な権力をまとったメガバンクに、一人で立ち向かう決意をする。 そして、真実を暴くため、彼は法の粋さえ越えようとしていたー。
手のこんだ事件を何回なストーリで展開していくという感じではなく、ストーリーは比較的淡々と進んでいきます。
証人となる人が次々と消される割りには、サクサクと進むあたりから観ても、ストーリーでみせるというよりはアクションで見せたいという作りですかね。
だとするとちょっと中途半端なんだけど、実際に黒い噂があり破綻した銀行がモデルになっている話のようで、世の中の”システム”において必要悪と成っている金融機関があり、それを”人”を裁くことで解決出来るのか?という問題について描かれている作品です。

at 17:54, ken5, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 17:54, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://ken5.jugem.jp/trackback/347