<< 映画:『パイレーツ・ロック』 | main | 自転車:『ハンドルバーとサドル交換』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

書籍:『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』

評価:
ランス・アームストロング
講談社
¥ 800
(2008-06-13)

末期がんを克服して世界で最も過酷なスポーツの一つといわれるツール・ド・フランスを7連覇したランス・アームストロングの半生を綴った作品です。

ちなみに、7連覇をした選手は100年以上の歴史を持つ大会でランス・アームストロング一人しかいないというくらいすごいことなんです。

amazonなどのレビューで邦題のつけ方がおかしいとの指摘をいくつか見ていたのですが、たしかにおかしい。
そもそも、マイヨ・ジョーヌというのは3週間に及ぶツール・ド・フランスで総合成績が1位の選手が切ることができるジャージでレースの展開とともに切る人が変わっていくもので、ロードレースの選手にとっては憧れの対象ではあります。が、一般的には何のことだかさっぱり分からない代物であることも間違いないのです。
このタイトルをつけた瞬間に、自転車レースを好きな人や自転車乗り意外にはまったく見向きもしてもらえないものになってしまっているのが勿体無いです。

というのも、この作品はランス・アームストロングが自転車に乗り始めて若手の選手として注目され人生のピークを迎えようとした瞬間に癌の宣告を受けて、そこから復帰、初のツール・ド・フランス優勝までを描く作品なのです。
つまり、邦題にあるようにマイヨ・ジョーヌそのものにはあまり意味がなくて、彼自身の病気との戦い、どうやってそれを克服したかと言うことについてが書かれているのです。

一部の表現は実際に闘病されている方には刺激が強い部分もあるのですが、大半は同じ境遇にある人には勇気づけられる作品だと思うので、自分が”弱いなぁ・・・”と思ったときなどに読むと”がんばらなくては!”と思わせてくる作品になっています。

ランス・アームストロングは7連覇を達成した2005年に引退をしていたのですが、2008年から現役復帰し、2009年にはツール・ド・フランスで総合3位にはいるという快挙を成し遂げています。

at 21:03, ken5, 書籍

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:03, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://ken5.jugem.jp/trackback/402