<< 書籍:『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』 | main | 映画:『人生に乾杯!』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

自転車:『ハンドルバーとサドル交換』

 ちょっと前に海外通販でポチッとなしていたパーツの交換をしました。

ハンドルは思い切ってカーボンにしちゃいました。
交換したハンドルはRitchey WCS Carbon Evolution SLというモデルで、明らかに自転車に対してオーバースペックな感じです。
このハンドルカタログ値で196gと激軽です。



まだ、ちょっとしか乗れてないけど、軽すぎるゆえの不安感などは一切なし。
バーテープはこれまた新しくしたサドルに合わせてBONTRAGERのホワイトにしてみました。



BONTRAGERのバーテープはぶ厚めの作りなんだけど、握った感じがふわっとしていてお気に入りです。

サドルはこれまで使っていたFizikのアリオネの別モデルです。
これまでのやつがサドルとレール部分にガタがきていて、漕いでるとギシギシとうるさいので交換してみました。
アリオネCXというモデルの中でレールがカーボンのモノにしてみました。
ここはカーボンが欲しかったというより、真っ白なサドルにしてみたかっただけ。

トルクレンチをもっていないので、ハンドルはチョップに交換をお願いし、サドルは自分で交換したのですが、サドル交換で良きせぬ自体が発生!
このサドルのレールはカーボンに傷がつかないようにレールにテープが巻かれています。
そもそも、カーボンレール自体が通常のサドルより太めなのに、さらに太くなっているために、これまで使っていたシートポストでは取り付けることができないのです。

無理して取り付け用としたら”パキッ!”って音がしたので、このまま作業を進めるわけにはいかないなぁ、ということで、想定外の出費でシートポストを追加購入。
店舗に行く余裕はなかったので通販。つまり実物が、今回のサドルに合うかどうかを試すことができないので、失敗することがない商品を購入。
ということで、選んだのはFizikから発売されているCYRANOというシートポスト。
もちろん、問題なく取り付けることができました。



ドロなどが入らないようにするためなのか、ゴム製のロゴ入りの何かがついていたので、そのままつけたんですが、カッコよくないし、重量増になるだけだったので、近いうちに外すと思います。

さて、これで連休は乗りまくるつもりだったんだけど、発熱で寝込むと言う失態。

いつになったら試せるのか・・・

at 10:34, ken5, 自転車

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 10:34, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://ken5.jugem.jp/trackback/404